月別: 2016年12月

blog 2016.12.31
女川駅・女川温泉湯ぽっぽ

2016年最後の建築は坂茂による女川駅。3.11で流失した駅舎の再建。駅には女川温泉湯ぽっぽも入るコンプレックス。線路の突き当たりに門型に配置され、その向こうに女川の海が広がるという、極めてシンボリックな建ち方。周囲に明かりがない中、膜屋根が浮かび上がるのは、行灯的役割を果たしている。

屋根が特徴的で、400φ位のスチールパイプでウミネコをイメージしたという形状を持ち上げ、積層した合板を網目状に掛け渡し、構造体をつくる。そして、合板に束立てして、二次部材のスチールを掛け渡し、膜を張るという労力と精度を要する構法が取られる。東北でスチールを露出した構造がありなのか、耐久性については長い目で見てみたい。

人影のまばらな町で、列車の本数も限られている駅に温泉が複合用途として入るのは相性が良い。内部は紙管の家具や、紙管の天井材が使われ坂さん流のデザインに仕上げられている。大晦日の夕方だったので利用者も限られていたけど、もっと多くの利用者が休憩室を使っている状況も見てみたい。

img_7787 img_7770 

img_7773

blog 2016.12.15
第48回中部建築賞 表彰式

昨日、中部建築賞の授賞式があり、久しぶりに元・名大脇坂研メンバーが集まりました。
私たちの横の席は、なんと、大名古屋ビルヂングを受賞された方々。われわれのような小さな試みと、巨大プロジェクトが同じ土俵で審査されるのも、建築の面白いところかもしれません。
すまいる愛知住宅賞では主担当をノミネートしたが、今回は副担当のメンバーをノミネート。
アワードにもいろいろあるが、同賞は施主、設計者、施工者の三者を表彰することとなっており、
発注者ほか一般の方に建築文化を理解頂く上で大事な賞だと思う。
すまいる愛知住宅賞の受賞の際にも触れましたが、
今回、われわれのソトマプロジェクトは、コンペ主催者の企画があって、初めて成就した建築という意味で、
間宮デザインスタジオさんのコンペ企画という英断にまずもって感謝いたします。
そして、脇坂研の案を採用して頂いた原田真宏・五十嵐太郎・藤村龍至の審査員各氏にも深謝いたします。
さらには、施主のソトマに対するご理解無くしてこのプロジェクトは成し得なかった訳で、
A,B,C各棟のお施主さんに感謝いたします。

ソトマプロジェクトは、住宅部門で3棟の住宅を一プロジェクトとして応募した点で、他の応募案とは異なる特殊解だったかもしれないが、
郊外住宅地における隣接住戸の可能性を広げた例として評価頂いたように思う。
その点は、講評文を書いていただいた審査員の陶器浩一先生のテキストでも触れられている。

授賞式後に審査委員長の栗生先生にご挨拶した際、これを一般解に広げられると良い、というお言葉を頂戴した。
実はこのことは以前、別な方からも頂戴したことがあるのだけど、
移り住んだ浜松界隈では低密度に住宅地が広がるダメな状況なので、戸建て版コーポラティブ住宅の試みを実践していければ良い。

unadjustednonraw_thumb_4352

unadjustednonraw_thumb_4350

blog 2016.12.11
静岡建築茶会 第3回(最終回)@静岡市

今日は第3回目となる静岡建築茶会。13:30開始。https://www.sist.ac.jp/architecture/teaparty/


最終回となる今日は、以前吉岡賞にもノミネートされた山田誠一さん、異色な経歴で巨匠の片鱗を見せるmastyleの弟子筋、後藤昌史さんに、元新建築編集長のハシモトオフィス橋本純さんが切り込む(?)稀有な機会です。

  モデレーターとして静岡文芸大の天内先生と私から、今日のテーマである「建築と環境」に引き寄せつつ、建築批評なき静岡に小さくとも風を起こせるか。

会場は静岡市文化クリエイティブ産業振興センターの二階多目的ホールです。なんと、ここは以前、映画館だった。http://www.c-c-c.or.jp/access.html
ご都合のつく方はお越し下さい。

img_7564

img_7565

img_7567